知って得する自宅購入

自宅を購入する際の失敗しない業者の選び方

住宅はどこの不動産会社からでも購入できる

自宅選びは生活を行う上で妥協したくないポイントであり、出来れば快適な家に住みたいと誰もが思っているでしょう。
しかしながら、そんな住宅を選びを助けてくれる不動産会社の数はかなり多く、コンビニ数よりも多いと言われています。
そんな中から自分に合った不動産会社や物件を見つけるのは苦労するところです。
しかし、住宅や賃貸物件を探して各不動産会社のホームページを閲覧したり、物件紹介をしてもらったときに、同じ物件を見つけたり、おすすめされたことなどないでしょうか。
実は全国で販売している家の情報はレインズというデータベースに集約されています。このデータベースは各不動産会社のみが見ることが出来るものです。
各不動産会社はこのデータベースを見て住宅を販売しているので、同じ物件の紹介がされることがあるという仕組みです。
よって、住宅はどこの不動産会社からでも購入できると言えるのです。

購入に強い不動産会社の見極め方

どこの不動産会社からでも住宅は購入できますが、それでも不動産会社毎に得意不得意ははあるものです。
自宅購入の際、選びたい不動産会社としては、買主向けの仲介のスキルがあるところがよいと言えるでしょう。
これは、どういうことかと言うと、不動産会社には大きく2つの仲介業務があり、売主側との仲介を行う会社と買主側との仲介を行う会社があるということです。
当然、売主側との仲介をメインとしている会社でも、買主との物件売買業務は行うわけですが、こちらは物件調査や権利などにより詳しい業者であることが多いです。
一方、買主側との仲介をメインとしている会社は、物件の資産価値や物件購入時の補助金、税制やローンなどの知識を持った業者が多いです。
自宅購入を考えている人にとっては、より購入時のサポートをしてくれる業者を選びたいところです。

不動産会社のHPを見る

具体的に不動産会社をどう選べばいいのかをご紹介していきます。
まず最初は不動産会社のホームページを確認するという方法です。ホームページには物件情報も載っていますが、これは前述した理由により掲載情報は似たり寄ったりです。あまり気にすることはありません。
では何をチェックするかというと、サービス内容です。例えば自宅を購入した際の手続きのサポートをしてくれる、補助金申請に関する相談を受けてくれる、引っ越しの際に電気・ガス業者の変更を手伝ってくれる、など些細なことでもサービスしてくれる業者は安心して相談出来る会社かもしれません。
また、仲介手数料を取るか取らないかという点も不動産会社によって異なります。少しでも費用を抑えたいのであれば、仲介手数料が無料の業者を選ぶのもいいでしょう。

直接不動産会社を訪問する

続いては直接不動産会社を訪れるという方法です。
やはり、いくらホームページなどには良いことが書いてあっても、実際の接客によって、その印象が変わることがあります。
例えば人手が少ない場合、なかなか親身に相談に乗ってもらえないかもしれません。その場合、本当にこの不動産会社に大事な家の購入を任せて良いのかと心配になるかもしれませんね。
また、事務所内が雑然としている場合も同様です。果たして自分の申請書類や購入手続きを問題なく扱い、進めてくれるのかと不安になることでしょう。
家の購入は一生に何度もあることではありませんので、自分が納得するまで通い続け、不動産会社には妥協しないようにすることも大事なポイントです。

担当者を見極める

最後は担当者を見極めることです。どうしても自宅購入のこととなると、買主側の知識が少ないですので、不動産会社の言われるがままとなるケースも多く、後々トラブルとなる可能性もあります。
こちらの疑問に対して真摯に丁寧に答えてくれる担当者かどうかは安心して家を購入する際の一つのポイントとなるでしょう。
また、様々な知識を担当者が持っているかどうかも大事です。とにかく家を売りつけようという態度ではなく、税制や建築に関する知識が豊富で、家を購入したあとのアフターサポートも任せられる担当者かどうかという点は是非見極めるようにしてください。
口が上手だからといって信用してはいけません。こちらの質問がはぐらかされてしまうような場合は、一度立ち止まって本当に任せてよいかを考えてみるのも大事なことですよ。

運営者情報