知って得する自宅購入

自宅を購入して毎年かかる固定資産税はいくらなのか?

固定資産税の計算式

自宅を購入する際、毎年納付が必要な税金として固定資産税があります。
毎年1月1日時点で所有権を登記している人に対し、納税通知書が送付されてきます。
その税金額は固定資産税評価額の1.4%となります。固定資産税評価額は家の規模や構造、土地の場所などによって個別に評価される性質のものです。
よって、新築の場合や増改築した家屋については、新たに家の評価を実施して固定資産税評価額を登録する必要があります。
また、この固定資産税評価額は3年に1回、改めて評価の見直しが行われます。年々土地の価格などは経済状況などによっても変わるため、定期的に評価を見直そうということです。
この見直しによっても固定資産税は変化することがあります。

都市計画税の計算式

固定資産税の他にも毎年必要な税金があります。それが都市計画税です。
都市計画税は固定資産税とセットで納付することになります。
税金額は固定資産税評価額の0.3%ですが、自治体ごとに設定することが出来ます。例えば、東京23区は0.3%ですが、東京都武蔵野市は0.2%などその税額は様々です。
こちらも評価額ベースとなりますので、固定資産税と同様に家の規模などによってその税額は変化します。
また、都市計画税は都市計画事業や土地区画整理事業に使われることになっておりその使用用途が決まっています。
固定資産税、都市計画税共に、家を購入したことによりかかるランニングコストですので、家のローンなどを組むときはこれら負担もあることを考慮に入れたほうがよいでしょう。

固定資産税が高くなる&安くなる要因

固定資産税は固定資産税評価額の1.4%が課される税金です。
よって固定資産税評価額によって課される税額が変わりますが、評価額は3年に1回見直しが行われます。
見直しの際、減価償却によって建物の資産価値が低下して固定資産税も減額になるイメージが有ると思います。もちろん安くなるケースのほうが多いですが、必ずしもそうとは限りません。
建築費の高騰など外的要因によっては高くなってしまうことがあるのでご注意ください。
また、住宅用の土地や建物であれば軽減措置があるので、商業用の建物などに比べると固定資産税を安く抑えることが出来ます。
例えば土地部分であれば住宅1戸のうち、200平方メートル以下の小規模住宅用地部分は通常の6分の1、小規模住宅用地部分以外は3分の1となり、かなり安くなります。

一戸建てとマンションの違い

一戸建てとマンションで固定資産税は異なるのでしょうか。
一戸建てとマンションの一番の違いは、土地と建物の購入金額に占める割合です。
一戸建ての土地と建物の割合が7:3であるのに対し、マンションの土地と建物の割合は3:7となります。
この違いによって、固定資産税は大きく変わります。その理由の1つ目は軽減措置です。
土地部分は小規模住宅用地部分は通常の6分の1に軽減されます。一方、建物部分は、2分の1となる軽減措置はありますが、土地部分よりは軽減される割合が少なくなります。
また、2つ目の理由が耐用年数の違いです。一戸建ての22年に対し、マンションの耐用年数は47年です。
これによって減価償却額が変わり、マンションのほうが評価額が高い状態が続きます。
よって、固定資産税はマンションのほうが高くなるということが言えるでしょう。

固定資産税クレジットカード払い

固定資産税は毎年かかる税金ですので、少しでも安くなるならば嬉しい話ですよね。
実は固定資産税はクレジットカード払いすることが可能です。
クレジットカード払いは、いつでも納付可能になるという点やポイントが貯まるという点でメリットがあります。
特にポイントが付与されるという点は、現金払いをした場合や、口座振替などで支払った場合ではないメリットなので支払額が変わるわけではありませんが、単純にお得と言えるでしょう。
しかしながら、すべての自治体でクレジットカード払いが出来るというわけではありません。
全国自治体MAPなどを使い、ご自分の自治体がクレジットカード払い可能かどうかをご確認いただくことをおすすめします。

運営者情報