知って得する自宅購入

競売物件を購入する際の気をつけるポイント

購入前にわかる物件の情報が限られていて内見が出来ない

家の購入は一生に一回とも言える買い物で、こだわりは持ちたいものの、少しでも費用を抑えたいという思いがあると思います。
費用を抑えるという目的を第一として考えるなら競売物件は一つの選択肢に入るでしょう。なぜなら、競売物件は市場価格よりも安価に家を購入することができるからです。
そもそも競売物件は所有者が住宅ローンを払えないようになり、債権者から競売の申し立てがあった物件のことを言います。
なかなか通常の物件紹介サイトでは見つからないような物件が見つかる場合もあります。
しかしながら、良い事ばかりではありません。リスクの一つが、一般流通物件のように内見が出来ないという点です。家の状況は、競売の執行官が作成する現況調査報告書の間取図や写真などを見て判断するしかありません。

落札後は自己責任

通常、不動産業者が仲介に入ってくれている物件では、物件内になにか不備やトラブルが合った場合は、不動産業者に言えば専門の業者などを手配してくれることがあるでしょう。
また、近隣とのトラブル等でも仲介に入ってくれるケースが有り、直接的なやり取りをしなくてもいい場合があります。
一方、競売物件は一般流通物件のように不動産業者が仲介に入ってくれているわけではありませんし、宅地建物取引主任者が住宅の重要事項の説明をしてくれるわけでもありません。
よって、なにかトラブルが起きたときは自分で解決する必要があります。
特に大変なのは、競売物件に第三者が住んでいる場合です。競売物件の購入は所有権の移転はありますが、あくまで引き渡しではありません。よって、立ち退き交渉も自己責任で実施しないといけないのです。

瑕疵担保責任がない

一般的な物件には売り主がおり、その売り主が瑕疵担保責任を負ってくれます。瑕疵担保責任とは、物件に欠陥がある場合、損害賠償や契約解除を保証する契約のことです。
買い主は瑕疵担保責任があるので、安心して物件を購入することが出来ます。
しかし、競売物件には売り主がいません。売り主がいないということは瑕疵担保責任もありません。
物件に何か不備があっても、誰にも損害賠償請求することは出来ませんし、契約の解除も出来ません。
競売物件は事前の内見が出来ないため、家の中にある細かい欠陥などをすべて把握するのは困難だと言えるでしょう。
何かしらの欠陥やトラブルが一定程度はあるかもしれないという覚悟で競売物件は購入する必要があります。

 

落札額以上の費用が掛かることが多い

競売物件にはデメリットがあることをご紹介しました。しかしながら、これらデメリットがあるからこそ、競売物件は安く取引されるのです。
これらデメリットを受け入れても尚、安く物件が手に入るのがメリットではあるのです。
しかし、最悪のパターンとも言えるのが想定以上に落札後に費用がかかるパターンです。
一番費用がかかるのは家の修繕費でしょう。前の家主が家のケアをしっかりとしてくれている場合はよいですが、実際住んでみて想定以上に家が使いづらかったり欠陥があったりする場合もあります。
内見が出来ない、かつ不動産業者のような家の状態に関して一定程度の保証をしてくれるところもない、というのはどれくらいの修繕費が掛かるかを事前に知る由もないというデメリットでもあります。

入札は取り消しが出来ない

競売物件の売買は期間入札という方法で行われます。期間入札は一定期間の入札期間を設けて、その期間の中で一番高額な入札をした人が落札できるという仕組みです。ちなみに期間は1週間程度というのが通常です。
入札は誰でも出来ますが、不当な入札金額の吊り上げなどを防ぐ目的で、保証金を支払う必要があります。
保証金額は、売却基準価額が10分の2以上です。例えば3,000万円の売却基準価額だと保証金は600万円以上ですから、簡単な金額ではありません。
当然、落札できなかった場合はこの保証金は戻ってきます。しかし、落札した場合、やっぱり購入はやめるので保証金を返金してくれ、ということも出来ません。
これは入札妨害の予防策です。競売物件に入札する際は、慎重に物件を選び、購入するようにしましょう。

 

運営者情報